Phone: 072-483-0590

ヘブル書講解説教ー2:15.7.5原稿

ヘブル書講解説教―Ⅱ:礼拝説教資料 2015.7.  ヘブル13章6-7節+14-17節 「決算日;―彼らの生活の結末―終わり良ければ全て良し!」 ―   泉南聖書教会 大寺俊紀 はじめに:今日の聖書箇所は、先週に続いて […]

Read more

ヘブル書講解説教ー1:15.6.28原稿

ヘブル書講解説教-1:礼拝説教資料 2015.6.28 ヘブル6章1-12節 「雑草のひと(男、女)」 ―いばらやあざみを生えさせる者―泉南聖書教会 大寺俊紀 はじめに:今日のメッセージは6月12日の入院前に1章を作り、 […]

Read more

14年9月28日メッセージ原稿:イスラエル・パレスチナ―4

「礼拝説教 2014年9月28日 聖書箇所 *ルカ21章20-28節 「パレスチナ・イスラエル問題連続説教―4」      泉南聖書教会   大寺俊紀 「中東問題の歴史-4」 ―建国後の戦争と紛争、再臨 はじめに:当初予 […]

Read more

14年9月21日のメッセージ原稿(中東イスラエル問題―3)

パレスチナ・イスラエル問題連続説教―3」      泉南聖書教会   大寺俊紀 「中東問題の歴史-3」 ―イスラエルの建国― はじめに:パレスチナ問題に詳しいのは、おそらく大学で中東関係の研究をされている一部の学者(多く […]

Read more

8月31日のメッセージ原稿「イスラエル・パレスチナ問題-1」

礼拝説教 2014年8月31日 聖書箇所創世記12章1-4節(P.16)+16章10-12節 「パレスチナ・イスラエル問題説教―1」        泉南聖書教会   大寺俊紀 「中東問題の歴史-1」 はじめに:約8か月か […]

Read more

死後に救いの機会があるか(セカンドチャンス)について

以前の信徒学校で、ある講師の方から「キリストがよみに下ったということは疑わしい」とのことばがあり、当教会の指導とは違いますので、その後、牧師から補足の説明をしました。すると、その説明を聞いて、ある方から、「セカンドチャン […]

Read more

14年4月20日のメッセージ:マルコ10:13-16

「子どものように受け入れる者」 マルコ9章33-37節+10章6節+13-16節 「礼拝説教 2014年4月20日 聖書箇所マルコ10章6節、13-16節(P.85) マルコ伝講解説教―⑨              泉南 […]

Read more

聖書入門―7「聖書預言の意味―2」

12)キリスト預言の意味-2 ―創造者、再創造者-イザヤ書預言の概観-2 (1)イザヤ書の目標 ●イザヤ書におけるイエス・キリストについての預言の目標、最終の完成はどこにあるでしょうか。それは、イエス・キリストが再創造者 […]

Read more

聖書入門―6「キリスト預言の意味」

11)キリスト預言の意味: ―永遠性と真実性、創造者、再創造者、癒し、贖い主、審判者― (1)永遠性と真実性(預言の成就)イエス・キリストについての預言が多数あり、それらが一致していることは、イエス・キリストが永遠の自存 […]

Read more

聖書入門―5(キリスト―2)

「2013.12.28 二、キリスト-2 9)キリストの神性-2:「聖、唯一、絶対、不変、愛、永遠、」:(父と同じ) ●聖なる方、唯一のかた、絶対の方、愛なる方、不変の方、永遠の方などは、全て父と同じですので、前述の項を […]

Read more

聖書入門―4「キリスト」

「2013.12.18 二、キリスト 1)神(全能の創造主)の第二位格: ●キリストの事は、聖書の中でも多くの呼び方をしています。「ひとり子」「御子」「わたしのようなひとりの預言者(モーセ)」「人の子(ダニエル)」「女の […]

Read more

2013年7月14日のメッセージ更新版(画家牧師の証し)

「 新約 黙示録21:26より(2013.7.14 礼拝資料) 「画家牧師の証し」―東京t画廊個展に際し― *聖書個所:黙示録21章24-26節(P.501) はじめに:今回は、一回予定を変更して行いたい。10年、15年 […]

Read more

泉南聖書教会

map〒590-0522 大阪府泉南市信達牧野820-4
℡072-483-0590 FAX072ー482-7332
JR和泉砂川駅から西600M 、泉南市信達牧野の宮脇書店やブレスガーデンの南100Mです。西側にスーパー「ラ・ムー」があります。
駐車場は教会横、およびローソン北100mの場所にある駐車場(土日限定)です。
お近くまで来られたら、お電話下さい。

コンタクト

「コンタクト」ページにあるフォームを使うか、直接お電話を下さい。
メールを送られる場合のアドレスはこちらです。
t.odera4000@gmail.com
(☆を半角の@に変更して下さい。)

Login